ホーム > タイヤ&ホイール > 位置交換(ローテーション)、ライフラットタイヤの組み替え、窒素ガス充填、四輪アライメント

位置交換(ローテーション)

タイヤは車種や装着位置により摩耗の度合いが違います。
タイヤの寿命を延ばし、経済的につかうために、タイヤのローテーション(位置交換)をおすすめいたします。
ローテーションを行うことで、タイヤ摩耗の度合いを均一にし、長持ちさせることができます。

ランフラットタイヤの組み替え

タイヤランフラットタイヤとは

走行中のパンクなどで、空気圧がゼロになっても、所定のスピードで一定距離を走行することができるタイヤです。
走行時における安全性の向上と、スペアタイヤ不要化による省資源・省燃費といった環境性能の向上を同時に実現できることから注目され、さまざまな車種で採用されはじめています。

タイヤ確かな知識と技術による組み替え作業

ランフラットタイヤは、空気圧警報装置が装備されているなど、一般のタイヤと比べると特殊な構造をしています。
そのため、取り扱いには、確かな知識と技術、そして専用の機材が必要です。
タイヤランドでは、十分な経験を持つタイヤのプロフェッショナルが、専用の機材を用いて、正しく安全に組み替え作業を行っております。

窒素ガス充填

通常の空気の代わりに窒素ガスを充填することで、タイヤの空気圧が安定し、車の安全性・快適性を向上させることができます。窒素ガスは通常の空気に比べてもれにくく、またボンベから窒素ガスを充填することによって、タイヤに悪影響を与える水分が紛れ込むことを防げるため、長期間の安定した走行が可能になります。

四輪アライメント

四輪アライメント

ステアリングのセンターがずれて真っ直ぐ走れない、ハンドルがとられる、タイヤが偏磨耗する、などの症状が発生した場合、四輪アラインメントに不具合が生じている可能性があります。 タイヤには様々な方向に大小の角度がつけられており、これらの角度が適切に調整されることによって、四輪者は最適な仕方で走行することができます。

このページの先頭へ